FallLine 2010 2009/9/10発売

スキーヤー、スノーボーダー、テレマーカー。ゲレンデの内外に関わらず、雪山を滑るすべての人に送るアニュアルマガジン。国内外のフォトグラファーによる最新ショットと、ソウルフルな文章。来るべきシーズンに向けて、滑り手のココロを刺激する1冊です。

【FROM EDITOR】
今年の内容をお知らせする前に、大きなニュースがあります。この12月、姉妹誌として新たに「PHOTO BOOK」が誕生します。海外雑誌になじみのある方はご存じの、いわゆるPhoto Issue、平たくいえばフォトギャラリーだけの1冊です。毎年、海外や国内のフォトグラファーから編集部に送られてくる素晴らしい作品は数1000カットにのぼります。しかし、掲載できるのはその内のわずかにすぎません。その点が長年、編集部としての悩みのタネでした。その国内外の写真をセレクトして編集します。 今年のFall Lineでは、この「PHOTO BOOK」の登場を見越して若干のリニューアルを行っています。さて、それはどこでしょう? スミマセン……。刷り上がりを見る限りでは、例年同様のクオリティには変わりはなく、いい意味でバランスの取れた1冊になったと思います。 Fall Lineは新しいトレンドを紹介する情報誌ではなく、むしろ、変わらないことを追い続けるマガジンでありたいと思います。まあそれはそうと、今年もなかなかいい出来です。ぜひ手にとっていただき、ご感想やご意見などをいただけると幸いです。
  • 発行・発売 : (株)双葉社
  • 発売日 : 2010/9/10(金)
  • 定価1,300円(税込)

ご購入は、全国書店、又は、
下記取扱いホームページよりお求め下さい。

FRSK.jp(http://frsk.jp/
双葉社(http://www.futabasha.co.jp
Amazon (http://www.amazon.co.jp

商品を注文




THE 1st. SNOWSURF MEET
玉井太朗とテリエ・ハーコンセン 奇跡のセッション

昨冬、ニセコの玉井をテリエが訪ねたらしい。テリエ? そうあのテリエ。スノーサーフィンを提唱し続ける玉井と、彼のボード作りを知りたいと語っていたテリエ。海に山に、その16日間のセッションの一部始終に立ち会ったアーティストripがレポートします。




ALASKA, MIRACLE, INFINITY

年代、ジャンル、スタイルは七人七色の、稀に見る混成チームが繰り広げるアラスカトリップ。児玉毅と楠泰輔が一緒にアラスカを旅すること自体が画期的な上に、そこに新鋭佐々木悠が加わり、さらには、デカチョウこと吉田"DKC"尚弘と中川伸也が……。限りなくミラクルで無限大で、しかも等身大なアラスカを滑る旅です。




大町アンビエンス

アンダーグラウンドながら誰もに知られる「大町クルー」。スノーボーディングをピュアに愛し続ける彼らが暮らすのは、なぜ白馬ではなく、一歩手前の大町だったのか。そのコアメンバーである247こと仁科正史、小松吾郎、西山勇の3人が自らの環境を語ります。




DEEPER, FURTHER, HIGHER
ジェレミー・ジョーンズの『deeper』プロジェクト

アラスカ・ヘリライディングの申し子であるジェレミー・ジョーンズが、オールハイクアップで2年間かけて撮った新作スノーボードムービーの制作秘話。なぜ彼はヘリで飛ぶことを止めて、労力と時間をかけてまで自ら登って滑ったのか。その舞台裏に注目です。




ローカルを巡って
南富良野人物日記

いつの間にかFall Lineには欠かせない人気企画として定着した石橋仁のローカル旅シリーズ。今回の舞台は北海道・南富良野です。大多数の滑り手にとっては地図の空白地帯だとしても、石橋にとっては地元そのもの。そこをどう描いてくれるのか。期待は裏切りません。




人々が追い求めるスペックの裏側
どこまでも続けくバックカントリーウエアの進化

ライター村石太郎は毎年アラスカの大河をカヤックで下ることを信条としつつ、アウトドア関連各誌で執筆を続けています。過去にはプロダクトデザイナーだった経験もあり、アウトドアの現場感覚を生かした視点で、現在の高機能ウエアの進化を掘り下げます。




TECとSPLIT 軽量ビンディングとスプリットボードの最新事情

「TLT」の名で知られる軽量ツアービンディングと、登行も滑降も1台でこなすスプリットボード。ここ数年注目が高まる登行システムの、未だ知られぬメリットとデメリットを整理してお伝えします。現場で使用するライダーや山岳ガイドからの生のインプレッションも。




江本悠滋と滝本倫生
THE SUMMIT TOUR

所属の違う山岳ガイド2人のコラボレーションによるバックカントリーツアーを軸に、現役のクライマーでもあり、滑り手でもある彼らへのインタビュー。滑るだけではなく「山頂に登ること」も楽しんでしまおうという2人の意図にはバックカントリーの神髄があります。




HIGH LIFE
あるフォトグラファーの雪山生活

昨年のFall Lineでデビューし、いきなり表紙をさらった大塚伸が自らの写真と文章で綴るフォトエッセイです。北海道ニセコ周辺で活動を続けるフォトグラファーによる、シンプルでプリミティブな雪山暮らし。既視感を感じさせない写真の美しさに注目です。




ウィスラーレスキュー日記

カナダ・ウィスラー在住のスキーパトロール、ヒロ岡崎のエッセイ。彼自身が経験したレスキューといえば、ややキナ臭いイメージが頭に浮かんできますが、ご安心ください。フリーダムな精神あふれる大らかでハートフルなストーリーが、必ずや滑り手のココロを満たします。




Photographers' gallery




Book & DVD Review




COLUMN

田口勝朗、桑原"シーサー"知美、小山内隆、寺倉 力



Copyright(c) 2008-2010 bravoski.com all right reserved.